MENU

産後ハゲ・抜け毛にコラーゲンや豆乳が良いという噂を調査しました!

 

産後ハゲ・抜け毛にコラーゲンを摂るとよい理由は?

産後ハゲ・抜け毛にコラーゲンを摂るとよいのはなぜ?
コラーゲンを摂るとよい理由

 

コラーゲンと言えば、美容成分として名前は聞いてますよね。

 

そのコラーゲンで産後ハゲ・抜け毛が治るという噂がささやかれているのですが…

 

コラーゲンだけ治る事はありません。

 

だからといって、ガッカリする事はありませんよ。

 

コラーゲンを取り入れていく事はとても有効です。

 

コラーゲンの効果、多く含まれる食品、おすすめレシピをご紹介していきます。

 

コラーゲンの効果

その前に、コラーゲンとは?をちょっとだけ説明します。

 

コラーゲンはタンパク質の1種で、人体を構成する重要な成分の1つ。

 

人間の身体をつくっているタンパク質のうち、約30%がコラーゲンと言われています。

 

皮膚の約70%はコラーゲンが占めており、真皮のコラーゲン分子は、アミノ酸がつながってできた鎖を3本組み合わせた「三重らせん構造」をしています。

 

ハリと弾力を与えてみずみずしく健康的な肌を保つ働きをしています。

 

つまり、コラーゲンは、もともと人間の身体に存在し、欠かせない成分なんですね。

 

このコラーゲンがどのように産後ハゲ・抜け毛に良いのかというと

  • 頭皮の環境改善
  • 血行促進

頭皮は髪を生やす土台です。

 

コラーゲンを摂る事で頭皮環境が良くなれば、自然と産後ハゲ・抜け毛の改善につながります。

 

コラーゲンを摂取する事で、お肌に柔らかさが戻ってきます。

 

硬い頭皮は血行が悪い状態。

 

コラーゲンによってお肌が柔らかくなり、血行が改善されれば…ねっ(^_-)-☆

 

コラーゲンが多く含まれる食品

動物性、海洋性、その他に分けてリストします。

 

 

動物性食品 豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉など
海洋性食品 スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、カレイ、エビ、くらげなど
その他 ゼラチン、ゼリー、プリン、杏仁豆腐など

参考: 山田養蜂場

 

ただ、注意したいのはコラーゲンを多く含む食品は高カロリーだという事です。

 

これらのコラーゲンを含む食品をいっぺんに摂る事はおすすめできません。

 

コラーゲン入りおすすめレシピ

コラーゲンがたっぷり摂れるおすすめのレシピを2つ、クックパッドからご紹介します。

 

美肌・天然コラーゲン手羽先スープ
クックパッドレシピ、美肌✧天然コラーゲン手羽先スープ
クックパッドより

 

手羽先を利用したスープです。

 

スープは野菜もたっぷり摂れるのでおすすめです。

 

コラーゲンたっぷり鰤大根
クックパッドレシピ、コラーゲンたっぷり鰤大根
クックパッドより
残ったスープはコラーゲンたっぷりです。

 

生姜も入っているので、身体がポカポカして血行の促進にはいいですよ。

 

コラーゲンだけをたくさん食べるのでなく、他の食材とバランスよく食べるようにしてください。

 

 

産後ハゲ・抜け毛に豆乳を飲むと治るってホント!?

産後ハゲ・抜け毛に豆乳を飲むとよいの!?
豆乳が良い理由

 

豆乳は健康のため!と飲んでいる人も多いかもしれません。

 

その豆乳で産後ハゲ・抜け毛が治るという噂も聞かれます。

 

残念ですが、豆乳を飲んだからといって産後ハゲ・抜け毛が治るわけではありません。

 

ですが、豆乳の成分が根本原因にアプローチし、結果的に改善につながります。

 

産後ハゲ・抜け毛は女性ホルモンのエストロゲンが減少する事が原因です。

 

エストロゲンには髪の成長と持続の働きがあります。

 

このエストロゲンと同じ働きをするものに大豆イソフラボンがあります。

 

豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

 

大豆イソフラボンの効果

  • 毛髪にハリ・コシ
  • 新陳代謝の促進
  • コレステロールの増加を防ぐ
  • エストロゲンの低下をカバー
  • 冷え性改善

 

豆乳には他に、サポニン、レシチン、亜鉛といった髪に良い成分も含まれています。

 

つまり、豆乳それ自体で改善となりませんが、間接的には対策となります。

 

パックの豆乳をそのまま飲むのも良いのですが、リラックス効果と質の良い睡眠を得るため、寝る前温めた豆乳を飲む事をおすすめします。

 

無調整豆乳が良いのですが、飲みづらいかもしれません。

 

その場合は、はちみつなどを加えて甘さ調整をしながら飲んでみてください。

 

豆乳を利用したスープなども体が温まるのでおすすめです。