MENU

産後抜け毛・ハゲと一緒に頭痛やうつといった症状まで起きてしまう事があります。

 

なぜ頭痛やうつが起きるのか、原因と対策をお伝えします。

 

産後抜け毛・ハゲと頭痛~なぜ起きる?対策は!?

産後抜け毛・ハゲと頭痛の関係。
頭痛の原因と対策

 

産後抜け毛・ハゲは女性ホルモンのバランスによる所が大きいのですが、頭痛はストレスや骨盤のゆがみが原因と言われています。

 

妊娠・出産により骨盤が大きく開きます。

 

そのため骨盤にゆがみが起こり、腰椎や胸椎・頚椎にまで影響がおよびます。

 

これが原因で首や頭の血流が悪くなり、頭痛が起こるようです。

 

骨盤のゆがみが原因です

 

妊娠・出産・育児など、女性にとっては、大きな環境の変化、そして心身の変化が起きます。

 

赤ちゃんの夜泣きなどで不眠続きとなり、イライラやウツウツした気持ちのやり場がなくなる事も。

 

このようなストレスや不眠は頭皮の緊張を引き起こす結果となり、頭痛の原因になります。

 

市販の頭痛薬に手を出したくなると思いますが、自己判断は避け、まず産婦人科の医師に相談しましょう。

 

医師から頭痛薬が処方されれば、授乳中であっても安心です。

 

産婦人科に受診しましょう

 

骨盤の矯正は、動画やネットで調べて自己流で行うのはNGです。

 

なぜなら、どの程度自分で歪んでいるのか分からないまま行っても意味がないどころか間違う可能性もあります。

 

骨盤の矯正はカイロプラクティックや整体で矯正しましょう。

 

カイロプラクティックや整体で矯正しましょう

 

少しの時間、赤ちゃんを旦那さんやご家族に預けて、カイロプラクティックに行くと、気晴らしとなり、ストレスの発散ともなりますのでおすすめです。

 

そんな時間ない!という方は、骨盤矯正のショーツを利用するという手もあります。

 

骨盤矯正ショーツ「フライビシット」は骨盤のゆがみを強制するだけでなく、ダイエットや冷え症改善も期待できます。

 

産後抜け毛・ハゲとうつの関係とは?

産後抜け毛・ハゲとうつの関係。
産後うつの原因と対策

 

妊娠・出産はホルモンバランスの変化によって、身体だけでなく心にも不調をきたします。

 

中でも深刻なのが産後うつ

 

データでは10~15%の女性がうつになるようです。

 

産後抜け毛・ハゲとうつに直接的な関係はないのですが、間接的に影響します。

 

女性ホルモンバランスの乱れは自律神経などにも影響するため感情のコントロールが難しくなります。

 

感情のコントロールが難しい

 

出産後は育児に手がかかり、上手くいかない事もあります。

 

その事でイライラしたり、将来に不安を抱いたりと思い悩むママさんが多いのです。

 

うつになると、食欲、性欲、睡眠欲といった人間の最大欲求が減少します。

 

重症化すると何もやる気が起きなくなるので、育児放棄になってしまうケースも。

 

1人で考え込むのはではなく、周りの人に相談や病院への受診がおすすめです。

 

1人で考え込まず相談や病院へ

 

うつは最低でも1ヵ月ほど続き、長い人だと1年以上続くようです。

 

鬱になりやすい人の特徴としては、まじめで頑張り屋さん。

 

全て一人で抱え込んで解決しようとするため、うつになりやすいようです。

 

ちなみに、マタニティーブルーとは違います。

 

マタニティーブルーというのは、悲しくなったり涙が急に出るような症状で、産後3日くらいでこの症状がみられます。

 

産後うつとマタニティブルーは違います

 

女性ホルモンの急激な低下によって、自律神経に影響が出て、感情の変化へと結びついてしまうために起きます。

 

うつと良く似ていますが、1ヵ月程度で改善されます。

 

それ以上の場合は、産後うつの可能性が高いので、一人で抱え込まず、誰かに相談、そして病院の受診をおすすめします。

 

 

産後抜け毛の原因や対処法をチェック!